<予告>膠研公開研究会<膠千年>を開催します。

膠文化研究会第12回公開研究会「膠千年」を開催します。

2016年より2017年にかけて宇治平等院鳳凰堂正面扉絵の修理が行われました。修理を支えた技と使用された膠について、関係する研究とともに展示と講演による報告を行います。また、日本画絵具に関して製造、販売の立場からお話いただきます。

日 程: 2019年9月29日(日)
会 場: 龍谷大学

プログラム(講師):

「平等院鳳凰堂扉絵修理について(仮)」
神居 文彰氏 平等院住職
小笠原 具子氏 岡墨光堂

「修理に用いる膠について(仮)」
宇髙 健太郎氏 東京文化財研究所

「日本画絵具について(仮)」
石田 憲弘氏 放光堂

*プログラムは計画中であり、変更される場合があります。

参加受付開始は8月下旬の予定です。

 

<告知>「膠研究会」と称する団体について

最近、「膠研究会」あるいはその関係者と称して膠関係業者や研究者に取材申込みなどが行われているとの情報があります。当「膠文化研究会」と該団体とは何ら関係がありません。ご注意くださるようお願いいたします。

不審な点がありましたら当会事務局までメールでご連絡いただきますようお願いいたします。

古典的膠製造体験会@姫路2019受付終了しました。

古典的膠製造体験会@姫路2019のの参加受付は終了しました。
申込みをされた方には後日詳細をご連絡します。

古典的膠製造体験会@姫路2019 募集を開始します

古典的膠製造体験会@姫路2019の募集を開始します。
プログラムの詳細、申し込み方法はこちらから。

定員10名で申し込みを締め切ります。
また、宿泊は自己手配ですので、早めにご予約ください。

古典的膠製造体験会@姫路2019を開催します

姫路高木地区での古典的膠製造体験会を開催します。
明治以前の膠製造の姿が伝わる川漬けによる脱毛工程から抽出までを体験します。

日程は2019年4月1日(月)〜2日(火)、定員は10名です。

受付開始は2月5日(火)の予定です。

*天候などの影響によりプログラムは変更される場合があります。
*参加者が5名に満たない場合は実施されません。

発表展示「膠と修理 −《序の舞》を守る−」ギャラリートークのお知らせ

当会運営委員、東京文化財研究所の宇髙健太郎氏によるギャラリートークを行います。
質疑応答形式です。直接会場にお出で下さい。

2018年10月16日15:00より
発表展示「膠と修理 −《序の舞》を守る−」会場 東京藝術大学大学美術館陳列館1階

発表展示「膠と修理 −《序の舞》を守る−」始まりました。

発表展示「膠と修理 −《序の舞》を守る−」東京藝術大学陳列館
2018年10月14日(日)〜19日(金)が始まりました。

会場の様子はこちらから

「膠と修理 −《序の舞》を守る−」発表展示会場変更のお知らせ

「膠と修理 −《序の舞》を守る−」発表展示の会場が東京藝術大学大学美術館陳列館2階から同館1階に変更になりました。
ご注意下さるようお願いします。

第11回公開研究会および展示「膠と修理 −《序の舞》を守る−」を開催します。

公開研究会は9月1日、事前受付開始です。
プログラム、応募方法はこちらをご覧下さい。
発表展示は無料です。事前受付も不要です。

<予告>「膠と修理 −『序の舞』を守る−」公開研究会および展示 2018年10月開催予定

膠文化研究会では、東京藝術大学大学院保存科学研究室、東京文化財研究所との共催で公開研究会と展示を行います。
東京藝術大学所蔵「序の舞」修理について、膠を中心に報告します。

展示:
日 時: 2018年10月14日(日) 〜 10月19日(金)11:00〜17:00
10月14日(日)のみ 10:00〜17:00 最終日19日(金)は16:00まで 
会 場: 東京藝術大学大学美術館陳列館2F
入場料: 無料

公開研究会:
日 程: 2018年10月14日(日) 13:00より
会 場: 東京藝術大学美術学部中央棟第1講義室
定 員: 100名(先着・事前申込み)
参加費: 3,500円

展示観覧は申込み不要ですが、公開研究会は9月初旬より受付予定です。